トップ>税務調査の教科書>税務調査の対応方法>重加算税とは

修正申告書を提出後追徴分の税金を支払ったあと重いペナルティとして課せられる重加算税とは


【目次】

修正申告書を提出し、追徴分の税金を支払ったあと、重いペナルティとして重加算税が課せられることがあります。このページでは重加算税について解説いたします。

適正に申告しなかった納税者に対するペナルティとしては、「過少申告加算税」というものがかけられます。税率としては10%から15%程度です。

この「過少申告加算税」よりも重いペナルティとして、「過少申告加算税」に代わり課せられるのが「重加算税」なのです。

35%または40%の割合なので、「サラ金なみ」の税率と言えるかもしれません。

「重加算税」を課せられる場合というのは、故意に売上を除外したり、架空経費を計上した場合など明らかに悪意があるというような場合です。

よくあるのが外注をしていないのに、外注をしたように処理するケースなどがあります。こういう場合請求書や領収書が手書きだったりするので、バレやすいのです。

単純な経理ミス等はこれにあたりませんので、単純な経理ミスにより修正申告をする場合には、過少申告加算税が課せられることとなります。

なお、過少申告加算税か重加算税かの線引きは、実際のところ、非常に微妙です。

調査官の考え方次第なのか、それとも税務署に重加算税をとる件数のノルマがあるのか。実際重加算税を調査官が獲得できたら、昇進に影響するなどという噂を聞いたことがあります。

なぜ重加算税がかけられるのか、理解しがたいケースも少なくありません。納得できなければ、異議を申し立てるべきです。

【関連するこちらのページもどうぞ。】

【業務に関するご相談がございましたら、お気軽にご連絡ください。】

03-6454-4223
電話受付時間 (日祝日は除く)
平日 9:00~21:00
土曜日9:00~18:30

info@suztax.com
24時間受付中