トップ>税務調査の教科書>税務調査の対応方法>修正申告とは

修正申告とは納税者が自主的に申告の間違いを修正するという申告


【目次】

1. 修正申告とは

税務調査後、税務署に行き、統括官、担当調査官と話し合った結果、「修正申告を出してください」と言われた場合の修正申告とは何なのでしょうか。修正申告について解説いたします。

修正申告とは、納税者が自主的に申告の間違いを修正するというものです。

税務調査の結果、納付した税額が不足しているとの指摘に対して、税法の解釈間違いや計算ミス等によって生じたものであると認め、行うものです。

税務署の、最も望む形が修正申告なのです。

なぜ税務署が修正申告をするようすすめてくるかというと、修正申告は1度提出すると、2度とその内容を訂正することができないからなのです。つまり、異議申立て等をすることができないのです。

なお、「やっぱり、納得できない」というのであれば、修正申告をする前に、税務署と何度でも心ゆくまで話し合うことをおすすめします。

1度の話し合いで決着がつかず、2度でも3度でも税務署と話し合いを持つべきです。

修正申告の原案は税務署が作成してくれることもあれば、顧問税理士が修正申告書のドラフトを作成し、税務署に見せた後提出する場合もあります。

修正申告書を作成する場合、顧問税理士へ修正申告書作成料を支払う必要があります。余計なコストが発生してしまうことにもなりますし、納得できないまま修正申告してしまうと、絶対内容が修正できないですし、裁判を起こすこともできなくなってしまいますので、十分に納得してから修正申告を行うようにしましょう。

【関連するこちらのページもどうぞ。】

【業務に関するご相談がございましたら、お気軽にご連絡ください。】

03-6454-4223
電話受付時間 (日祝日は除く)
平日 9:00~21:00
土曜日9:00~18:30

info@suztax.com
24時間受付中