トップ>税務調査の教科書>税務調査の対応方法>税務調査で問題がなかった場合は是認通知をもらう

税務調査で問題がなかった場合は是認通知をもらう


【目次】

1. 税務調査で問題がなかった場合は是認通知をもらう

税務調査の結果、何も問題がなかった場合について解説いたします。

税務調査の結果、何も問題がなかった場合、「調査結果についてのお知らせ」という紙がもらえますので、必ずもらうようにしてください。

以前は「是認通知」(法人に対してのみの名称です。)と言われていたものです。

「何月何日に何税の調査をしました。問題とすべき事項はなく、適正な申告と認められました」などと書かれた、税務処理について100点満点であったことの証明書です。

きちっと帳簿もつけ、資料の保管整備もよく、適正に申告していたことを当該の税務署長が証明してくれる文書で、もらえると非常に気持ちがいいものです。

「調査結果についてのお知らせ」をもらうことにより、税務調査が今後2度と行われない、何年にもわたって免除されるなどといった保証は、残念ながらありませんが、実際はその後しばらく調査が行われることはないようです。

何も問題が発生しないことは、めったにないことですし、誇れることです。

この紙を額縁に入れて、社長室に飾っている社長もいます。

「調査結果についてのお知らせ」は、税務署に申し出ると、後日、郵送されてきます。

【関連するこちらのページもどうぞ。】

【業務に関するご相談がございましたら、お気軽にご連絡ください。】

03-6454-4223
電話受付時間 (日祝日は除く)
平日 9:00~21:00
土曜日9:00~18:30

info@suztax.com
24時間受付中