トップ>税務調査の教科書>税務調査の対応方法>税務調査で備えておくべき帳簿類を紛失した場合

税務調査で備えておくべき帳簿類を紛失した場合


【目次】

1. 税務調査で備えておくべき帳簿類を紛失した場合

税務調査日程が確定し、税務調査日が迫ってきているにもかかわらず、上記の帳簿類がどうしても見当たらないという場合にはどのように対応すべきか解説いたします。

税務調査での必要な書類として以下のような書類があります。

  • 現金出納帳
  • 預金出納帳
  • 売掛帳
  • 買掛帳
  • 手形帳
  • 請求書
  • 領収書
  • 契約書
  • 給与台帳
  • 年末調整にまつわる所定の書類
  • 決算書に載っている数字の裏付けになるような書類

などです。

帳簿類を紛失したことがわかった場合、あわてないで、まずどの帳簿を紛失したのか確認しましょう。

それでも見つからなければ、顧問税理士がいる場合は、税理士から税務調査官に伝えてもらってください。社長自らが紛失したことを伝えるとなにかを隠しているのではないかと疑われてしまうため、第三者である税理士から税務調査官へ伝えたほうが疑われずにすむ可能性があります。

支出内容が会計ソフトなどの帳簿に残っていて、領収書や請求書がない場合には、調査官の指導扱いで済むこともありますし、少額な支出であればそれほど問題となることはないかもしれません。

しかし、調査官のなかには「意図的に隠しているのでは?」といった疑いを持つ人もいて、大きな取引金額の領収書や請求書を紛失したケースでは、取引先に再発行してもらい取り寄せるよう指示されることもあります。再発行すると取引先にも迷惑がかかってしまいます。

帳簿がパソコンのデータに残っていれば帳簿内容をプリントアウトできますが、領収書類を紛失した場合は、税務調査の日までにそれぞれの取引先に領収書の再発行を依頼するなど、極力取り揃えておくことをおすすめいたします。それでも揃えられない場合、支出したことを説明できるもの(例えば手帳に当日のスケジュールが書いてあるなど)を可能な限り揃えておくべきです。

帳簿関係の大部分を紛失している場合は、ペナルティとして青色申告を取り消される可能性があります。帳簿類の紛失は会社の信頼に関わる非常に重要な問題ですから、紛失しないようきちんと管理するようにしましょう。

【関連するこちらのページもどうぞ。】

【業務に関するご相談がございましたら、お気軽にご連絡ください。】

03-6454-4223
電話受付時間 (日祝日は除く)
平日 9:00~21:00
土曜日9:00~18:30

info@suztax.com
24時間受付中