トップ>税務調査の教科書>税務調査の対応方法>税務調査で備えておくべき帳簿類

税務調査で備えておくべき総勘定元帳などの帳簿類について解説


【目次】

1. 税務調査で備えておくべき帳簿類

税務調査ではどのような書類を準備しておけばいいのでしょうか。また、注意すべき点などについて解説いたします。

税理士は、税務調査において税務署に見せなければならない書類作りをしていますので、顧問税理士がいる事業所は、自分で判断せずに、必ず税理士の指示に従うようにしましょう。税理士は常に税務署に見られることを意識した書類の作り方をしているはずです。

必要な書類としては、

  • 現金出納帳
  • 預金出納帳
  • 売掛帳
  • 買掛帳
  • 手形帳
  • 請求書
  • 領収書
  • 契約書
  • 給与台帳-
    年末調整にまつわる所定の書類
  • 決算書に載っている数字の裏付けになるような書類

などです。

これらが揃っているか確認し、準備しておきます。

パソコンに保存されている書類に関しては、基本的には文書に打ち出しておく必要があります。パソコンに保存だけしていて、文書に打ち出さなければならない場合、調査官にデスクトップにおいてある調査に直接関係のないものまで見られてしまい、そこから不必要に傷口を広げてしまうということにもなりかねません。

特に気をつけたいのは、これらの書類に付せんを貼ったり、チェックを入れたりしていないかです。調査官にここを見てくださいとこちらから教えているようなものですから、確認し、付せんは必ずはずしておきましょう。

また、全ての書類について言えることですが、総勘定元帳などは必ず裏面印刷などの紙を使用しないようにしてください。調査時にその裏面に必要のない事項が印刷されている場合、そこから追求されるということもあります。

調査がスムーズに進むためにも書類の整理、準備は非常に大切です。面倒ではありますが、日々きっちりファイリングするようにしましょう。

また、きちんと準備できていれば、書類関係が整っている会社として調査官の印象も必ずよくなります。

帳簿類以外では、念のため、テープレコーダーとビデオカメラ、デジカメも用意しておきましょう。

【関連するこちらのページもどうぞ。】

【業務に関するご相談がございましたら、お気軽にご連絡ください。】

03-6454-4223
電話受付時間 (日祝日は除く)
平日 9:00~21:00
土曜日9:00~18:30

info@suztax.com
24時間受付中