トップ>税務調査の教科書>税務調査の対応方法>なぜ税務調査先に選ばれたのかを聞く

税務調査時はなぜ税務調査先に選ばれたのかを税務調査官に聞く


【目次】

1.なぜ税務調査先に選ばれたのかを聞いてもいい?

税務調査の対象として選ばれるということは、何らかの理由があるからです。例えば、利益がたくさん出ている場合ですとか、ある科目の金額が前年、前前年とくらべて突出しているなどの場合が考えられます。

税務調査に向けて事前に準備できることがあれば、事前に行っておきたいと考えるのは当然ですが、なぜウチが税務調査に選ばれたのか、調べたい内容や理由を電話で聞いても大丈夫なものなのでしょうか。

大丈夫です。どんどん聞いてください。

  • どういう理由で税務調査に来るのか
  • 何人で税務調査に来るのか
  • 何時から何時まで税務調査を行うのか
  • どの部署が来るのか

など税務調査の目的をつかめるような質問をしたいものです。

税務署員の回答としては「定期的な調査です」「収入と費用の確認です」がせいぜいで、明確な答が返ってくることははまずありませんが、聞くという姿勢が非常に重要なのです。

それが納税者としての当然の権利であり、税務署に対し納税者の権利をわきまえているという意思表示にもなりますし、しっかりとした納税者だな、という印象を与えることができるでしょう。

実は、顧問税理士側からは、税務調査が入りそうかなと直感できるケースというものがあります。

たとえばA社が事業用として使用していた高級車を売却して、高額の損失が出ている場合です。

確定申告ではそれを売却損という項目で入れますが、決算では目につくものですから例年とは違う動きがあったとして税務署は注目します。車を売却しているだけですので、何ら悪いことはしていないわけではありません。

また、高額な修繕費の支出などがあった場合、本当に修繕費として処理できるのか、資産計上すべきものはないのかと色々怪しい論点が出てきますので、税務調査に入りそうだなと思ってしまいます。

税理士も長年の経験から税務調査が入るかもしれないなと察知できるわけです。

税務署との電話のやりとりでは、正々堂々としているのがいちばんです。そわそわしたり、気になっている素振りを見せないことが大切なのです。挙動不審になったりしてもいいことは何もありません。

【関連するこちらのページもどうぞ。】

【業務に関するご相談がございましたら、お気軽にご連絡ください。】

03-6454-4223
電話受付時間 (日祝日は除く)
平日 9:00~21:00
土曜日9:00~18:30

info@suztax.com
24時間受付中